レコーディングダイエット

7月 29th, 2013

書籍「いつまでもデブと思うなよ」でも知られている岡田斗司夫さんの有名なダイエット法、「レコーディングダイエット」に私も挑戦したことがありますが、そのときにメモを取るのか結構面倒くさいなと感じていました。

今ではスマホと連動している便利な体組成計も出ているので、かなり手軽に行えそうです。またレコーディングダイエットを実践してみようかなと思います。

レコーディングダイエットを行っていた当時は、日々のちょっとした行動や習慣で体重の増減がはっきりと目に見える形で現れたので、面白く感じていました。

体重や体脂肪のデータをスマホと連動して記録できるようになったので、あのわずらわしさ無しでレコーディングダイエットができるのはかなり良いんじゃないでしょうか。

ただ、スマホ連動型の体組成計だと、機種によって対応していないことがあるので、スマホ買い替えのときには気を付けようと思います。

タニタの体組成計では、体重外にも色々なデータを記録できるので、以前のダイエットよりさらに面白い記録がとれそうです。

レコーディングダイエットのアイテムに人気の酵素ドリンクをご紹介♪

 

脚のメリハリダイエット

7月 27th, 2013

下半身のダイエットには一応成功したものの、ただ細いだけであまりメリハリが無いラインだなと感じています。

女性らしい美脚になりたいなら、やっぱりメリハリの効いた脚を目指すべきだと思いますが、思うようにダイエットするのは難しいですね。

脚がまっすぐ細いままだと、また太った時にごぼうみたいな脚に見えてしまいそうで嫌な気がします。

効果的に脚首を細くして、ふくらはぎや太ももの曲線美はキープしたままでできる下半身ダイエット法って何かないものでしょうか。

たぶん私の脚のメリハリが無くなってしまった原因は、いたずらに食事を減らしたこと、そしてあまり運動をしないことによる筋力不足なのではないかと考えています。

この時期は食欲が無いせいで余計に食べる量が減ってしまったので、代謝のほうもかなり落ちているのではないかと思います。

今度下半身ダイエットに挑戦するときは、しっかり食べて、しっかり動くことを念頭に頑張っていきたいです。

下半身ダイエットに最適!ヤーマンの加圧エクサパンツ

 

 

 

デトックスのチャンス

6月 28th, 2015

夏は本格的にデトックスをスタートする時期としてはちょうどいい時期ではないでしょうか。
食欲が落ち気味なのを逆手にとってプチ断食にも取り組みやすくなるし、自然とどんどん汗をかくので、食事に気を付けていれば自然と痩せやすくなります。
デトックスを目指すなら、ただ断食をするだけでなく乳酸菌のパワーを取り入れるのもポイントですね。
飲み物は喉が乾いているので特に何もこだわらずに適当にすぐ飲みたくなりますが、デトックス効果を意識して選ぶのならおすすめなのは緑茶やレモンウォーターです。
夏ならではの麦茶のさっぱりした感じもいいですが、ほっと一息つきたいときには緑茶の豊かな香りも手伝って夏でも結構おいしく感じられます。
デトックスに良い食材や飲み物は自然と心も落ち着けてくれるので、暑さによるストレスや疲労に負けないためにも活用していきたいですね。

タンパク質と食事

5月 28th, 2015

少し偏食気味の自覚があるので、一日に必要な栄養、特にタンパク質は足りているだろうか?と自問自答することがあります。
外食でもしない限りは、料理は簡単に済ませるために出来合いのもので済ませて、なかでも炭水化物に偏っているような気がするためタンパク質不足な感じが否めません。
少し皮膚がかさついてきたかもしれないとか、髪の毛に元気が無くなってきたなあといったちょっとしたサインを見逃さず、一日のうちに卵、肉、魚、大豆のうちどれかは食べるように心がけています。
今の食生活の状況からいえば、特に心配はいらないと思われるタンパク質の摂り過ぎですが、食べる量の目標設定のためにも一応目安は把握しています。
一日の食事量と比較してみると、平均で目安の半分をちょっと超えるくらいなので、もっとタンパク質の食事を増やしてもいいかなと考えています。

海外ドラマと食べ物情報

4月 24th, 2015

海外の最新の映画やドラマを見ていると、今現地で流行しているファッションだけでなく、インナー美容につながるスーパーフードの情報もキャッチしやすくなるので、特に女性向けの作品は欠かさずチェックしています。
異国の食事を目にすることで、ふとした瞬間に試してみたいレシピのアイデアが湧いてきたり、今まで食べたことが無かった食材への興味も掻き立てられるので、見方しだいでは食生活もかなり豊かになるのではないでしょうか。
自分も、ドラマや映画で美味しそうなものを見つけたら、さっそく試さずにはいられません。
国内ではあまり知られていないものだと、ちょっとした食通になった気分も味わえます。
海外のフルーツや料理は文面だとカタカナばかりでイメージが湧きにくいですが、映像として見てみると面白く、食べるときの参考にもなりますね。

早めの老化対策

4月 12th, 2015

20代後半から30代にかけて、年齢がもう若くは無いというサインに気づき始める人が増えてくるようなので、自分もふとした瞬間にショックを受けないために、今から体のことを気遣っていきたいと思います。

今の時点でも、もしかしたらもうお肌が下り坂に差し掛かっているのではないかとふと心配になって、鏡に映っている自分をよくよく覗き込んでしまいます。
一瞬、窓やショーウィンドウに映りこんだ自分がかなり疲れた印象に見えるときがあって、思わず二度身をして確かめたくなることもあります。
体力や肌の状態に関しては、まだまだ大丈夫だという気持ちはありますが、これからは油断のできない年齢になってくるので過信はし過ぎないように気を付けたいです。
その日のうちにたまった疲れや老廃物はしっかりとケアをして、老化を感じる機会を少しでも減らす努力は欠かせなくなります。

砂糖の長所

3月 13th, 2015

ダイエットや、健康に気を使っている人からは何かと敬遠されがちな砂糖ですが、砂糖にも長所はいくつかあるし、それを全く生かさないでいるのも持ったないような気がします。
頭脳労働が多い人は、即効のエネルギー補給源として砂糖の吸収のしやすさはありがたいし、料理にも砂糖は甘味を加える以外に実は様々な役割を果たしてくれています。
糖類の補給源としては他にもご飯やパン類で代用する手もありますが、砂糖の即効性と比べるとやはり劣っているので、運動前や勉強中などにも重宝しています。
我が家でも、砂糖は少量に抑えて、後は甜菜糖などで甘味を補い、それぞれの良さを活かすようにしています。
上手に生かすことができれば、料理やお菓子を美味しくいただいたり、ストレスや疲労解消のためのエネルギー源としてなくてはならないものとも言えます。